医師の生活

親の介護をどうするか|考えるべきポイント

親の介護をどうするか

こんにちは、山のクマです。

介護を受けている患者さんの中に、さまざまな問題を抱えた人がいます。

介護環境はヒト様々です。そのため、家族が要介護状態になったときのマニュアルが、存在しません

全員、手探りで介護を行っています

そのため、いざ介護が始まると、様々な問題点が噴出します。

なぜでしょう?

住宅建築に例えると、介護現場という建築物の下にある基礎、地盤が弱いためです

では、基礎、地盤とは何か?介護をどのように考えたら良いか?

今回は家族の介護について、そのポイントと構造を考察します。

考察する前に、知っておくべきコトがあります。それは、要介護になったヒトは、家族に対してわがままになってしまうという現実です

要介護者はわがままになってしまう

もともと穏やかだったり、周りに気を配っていたヒトでも、要介護者になると、わがままになってしまいます。

わがままにならないのは、重度の脳梗塞で寝たきりになってしまうヒトや、ごく一部の要介護者のみです。

なぜか。わがままになる理由があります。

一つ目の理由は、年齢による脳の変化です。高齢になると感情をコントロールする前頭葉が萎縮し、感情が前面に出て来るようになります。こらえ性がなくなるのです。

二つ目の理由は、年齢による身体の変化です。思うように動かなくなり、いらだち、不安が強くなり、周りに当たるようになります

ヒトによっては要介護となり、全く別人になってしまったと感じます。それくらい、人格が変わってしまいます。

そのため家族は、要介護者のわがままに付き合う事となります。これが介護疲れ、高齢者虐待、介護うつの原因です

介護者がすり減らないよう、最初からポイントを理解し、介護計画を立てる必要があります

介護のポイントは

強固な介護体制を作るには、以下の4つが大切です。

1)愛情
2)時間
3)お金
4)介護現場

住宅に例えると、愛情が地盤、時間とお金が基礎、介護現場が建築物です

親の介護をどうするか

ココを押さえておくと、問題が出たときに対処しやすくなります。

ポイント1:愛情

愛情とは、要介護者を大切にすることです

もともとの親子関係、兄弟姉妹の間柄、親戚づきあいが良いと、介護計画も立てやすくなります。しかしココに問題を抱えていると、介護はまず上手くいきません。

親子関係が悪い、兄弟間の仲が悪い、うるさい親戚がいる・・・。家族内の問題は複雑です。

もし家族の間柄に問題があるのなら、最初から包括支援センターなどに打ち明け、相談する必要があります。「家の恥だから」と隠すと、介護は必ず問題を抱えます

また愛情は、世間体や家族のエゴに振り回されることも多いものです

「自分がガンバって介護するから!」と始めても、オーバーワークなら、要介護者を大切にしているとは言えません。

「施設に入れるのはかわいそう!」と遠い親戚からの忠告も、要介護者への愛情から出ているモノではありません。

要介護者を大切にすることを考えたら、家族で無理に背負うより、プロの介護者に任せて、家のヒトは愛情を持って接する方が良いです

要介護者はわがままです。介護で疲れ切った家族が愛情を注ぐのは、困難です。

介護疲れの結果、要介護者を虐待する場面をたくさんみてきました。

住宅建築では、ゆるい地盤ならば地中深く杭を打つ、浮き基礎にする、などの工夫を最初から施します。

介護において愛情がゆるければ、時間とお金を初めから工夫する必要があります

愛情を注ぐのは家族の最も大切な役割です。忘れないでください

ポイント2:時間

介護には時間がかかります。どう解決するかは、それぞれの家族にゆだねられます。

家族全員が働いているなら、介護に使える時間はほぼゼロとなります。一方、時間に余裕がある家族がいれば、その人の時間を介護に配分することも可能となります。

しかし、介護に時間を割くことは、介護するヒトの時間を奪うことでもあります

Time is Life。つまり、介護者の人生も奪うことになるのです。このことを認識していないヒトが、非常に多い。

わがままな要介護者に、自分の人生の一部を使う。大変困難なことです。

実は、時間とお金はトレードオフです。つまり、時間はお金で買えるコトがほとんどです。Time is Moneyということわざは、別の意味で通用します。

ポイント3:お金

介護にはお金がかかります。しかし、多くの人がこの事実を無視しています

究極的には、愛情さえあれば、介護問題はお金で解決できます。

どの程度介護範囲を広げるか、どの施設に入るか。ほとんどの場合お金が制約となり、思うような介護が出来ないのです。これが現実です。

介護離職は最悪の手段です。不動産収入や株の配当などで十分な収入があるヒト以外、絶対してはいけません

介護では、時間とお金はトータルで考えるべきです。

ポイント4:介護現場

多くの人が介護で思い浮かべるのは、ケアマネージャーと話し合う介護計画でしょう。

これは、愛情・時間・お金という地盤と基礎が整って、初めて可能になります

また、これのみがアウトソース、つまり外に依頼できるモノです

介護には特殊な技術が必要です。家族がやるより専門家が行った方が上手に出来ます。

TVや映画では家族がニコニコしながら介護していますが、演出と言うことを忘れないでください

ほとんどのヒトは、わがままな要介護者に付き合い、疲弊し、険しい表情になっていきます

たとえば入浴をみてみましょう。

高齢者1人を入浴させるのに、最低2人必要です。裸のヒトは、ベルトや服など、つかめるところがありません。しかも自分で動けないため、とても重いのです。

その結果、介護者は腰や膝を痛めます。

また、ほとんどのヒトは、要介護者の多くが入浴したがらないという事実を知りません

風呂場まで誘導するのが、これまた大変です。むしろ入浴介助の方が楽だと話す介護者もいます。

まとめ

以上、介護のポイントをみてきました。

再度繰り返しますが、要介護者は家族に対してわがままになってしまいます。厳しい言い方ですが、これが現実です

一人に介護を押しつけてはいけません。家族で役割を分担する必要があります。

主に介護を担うヒト以外は、時間、お金を出すなど、介護者・要介護者を含めた1人1人の幸せが最大になるよう、計画しましょう

一部のヒトにしわ寄せが来ると、土台である「愛情」が崩れ、介護構造が崩壊しますから

☆★☆ 山のクマおすすめ ☆★☆

介護施設のリアルが、ココにあります。

老人ホームのお金と探し方

→Amazon.co.jp

→楽天ブックス