医師の生活

ATM扱いされる男性医師|特徴と対策

医者とATM婚

こんにちは、山のクマです。

最近ネットで、ATM婚というワードが出てきています。

「ATM婚」と蔑まれて「お小遣い2万円倶楽部」入りする残念な男性の結婚事情:文春オンライン

この概念は昔からあり、特に医者の界わいでは良く話題になります。今回はこの題材を取り上げ、分析して対策を考えたいと思います。

ATM婚の定義

まずATM婚ですが、「夫が稼いで専業主婦が浪費する結婚形態」と定義します。こちらの状態ですね。

年収2000万ドクターが小遣い5万のワケ:東洋経済online

妻の浪費癖について:Because

浪費したがる妻に困っています:教えて!goo

理論上は、「妻が稼いで専業主夫が浪費する」こともあって良いのですが、話題には上りません。おそらくこちらの分析が正しいのでしょう。

「高収入女性が、低収入男性を“専業主夫”として養う結婚」が成り立ちにくいのはなぜか?:文春オンライン

ATM婚で困っているのは夫であり、「お小遣い2万円倶楽部」というありがたくない名前もあります。

そのため、夫である男性医師の視点でATM婚を分析します

なぜATM婚になってしまうのか?

夫婦間の問題のため、要因は3つに分かれます。

1)ATM妻側の要因
2)ATM夫婦間の要因
3)ATM夫側の要因

ATM妻側の要因

考えられる原因を、挙げてみます。

華やかな世界にいた人

他人が稼いだお金を浪費するパターンが身についている女性は、ATM妻になりやすいと考えます。

全てのヒトがそうではないのですが、代表は開業医の娘、資産家の令嬢でしょう。

また、自分で稼いでいるモノの、一部のモデルさんやメディア露出の高いヒトなども、この範疇に入ると思います。

一般的に容姿端麗なヒトが多いため、男性の人気が高い。このようなヒトたちは、自分の魅力を高めるために、お金を必要とします。

ATM妻の娘さん

専業主婦の母親から「ウチの父ちゃんは稼ぎが少なくてダメ、あんたは金持ちと結婚しなさいよ!」と聞かされて育った女性は、その価値観を受け継ぎやすい。

結婚に「賭けている」ヒト

自分ではお金を稼ぐ能力に乏しく、状況打破のため婚活に熱を上げているヒトも、要注意です。

その対策

ATM妻を変えることは「無理」です。なぜなら彼女たちは、困っていないからです。

「お金の話し合いをしたら妻が変わった」事例はあると思います。しかし、ATM妻が困った状況を認識した結果「自分で変わっていった」のです。ATM夫が変えたのではありません。

従って、以下の要因に手を入れることが、現実的な対策となります。

ATM夫婦間の要因

まず男性医師は、妻に専業主婦を求める事が多い。

また医者は長時間労働のため、家にいる時間は少なくなります。

その結果

・妻に家の事を丸投げする
・家庭での存在感がなくなり、妻が夫より強くなる
・妻の不満が溜まって散財する

と言った状況があり得ます。

つまり、医者はATM妻を作りやすいと言えます

その対策

始めよければ全てよし。新婚時代に出来上がった関係性が長く続きます。

そのため、家における夫の存在感を示す必要があります。

具体的には

・家事の分担をしっかり行う
・子育ても一緒に行う
・妻と普段からしっかり向き合う

などになりますね。

妻に仕事に出てもらうのも手でしょう。

また、結婚生活におけるマネープランを話し合ってみることも、対策になります。

ATM夫側の要因

「え、自分に問題点なんかある??」と感じる人もいるでしょう。しかし、ATM婚は夫婦間の問題です。どちらか一方だけに原因があるわけではありません

夫にも要因がある事が、実は多いのです。

夫の問題点は?

ほとんどの場合、ATM夫は自分に問題がある事を、気づいていません。もしくは、気づいているふりをしているだけです。このことが最大の問題点です

そのため妻に全責任を負わせて思考停止に陥り、解決困難となります。

ATM婚で困っているのは夫です。困っている方が対策を練ることが、解決する早道です。

ATM妻の問題点を夫が解決することは出来ませんが、夫自身の問題は、自分で解決できる可能性が高い

実は夫本人もお金を使っている

医者は医学書、学会費、出張費、部下を飲みに連れて行くなど、確かにお金がかかります。それ、なんとかなりませんか?妻に節約をお願いするにしても、自分が使っていては、反撃されるだけです。

家のことをおろそかにする

確かに医者は忙しいです。しかし家事を丸投げし、妻を遊びに連れて行かなければ、妻のストレスも溜まってきます。出来ることから始めると良いでしょう。

事なかれ主義

コレ、多くの医者が気づいていないと思います。どうしても患者の事で頭がいっぱいになるため「家庭の面倒なことに首を突っ込みたくない」と思っていませんか?

繰り返しますがATM婚の問題は、夫婦の問題です。面倒でも早めに対応しないと、必ず破綻します。

お金のかかる女性と結婚した

まあ、ある程度仕方ないですよね。婚活市場で人気のある女性は容姿端麗なヒトなので、美貌の維持にはお金がかかります。

その対策

結婚前に行えること

・結婚する相手を良く考える

これが最善です。どうしても美人に惹かれますが、その人がどのような金銭感覚を持っているかは、確かめる必要があります。

一つの方法として
「将来独立開業も考えているんだけど、その時に経理や受付をやってもらえるかな?少し貧乏も経験してもらわなければならないけど
と聞いてみるのも手でしょう。これで渋るようなら、ATM妻になる可能性は高いと思います。

・結婚前に一財産作る

婚姻後に形成した財産は夫婦協同のモノなので、離婚時分割の対象となります。婚姻前の財産は、分割対象になりません。

そのため、結婚前に投資などで財産を貯めておくと、万が一ATM婚に陥ったときにも対応しやすくなります。まあ、なかなか出来ることではありませんけどね。

これを上手に行ったのが、Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグです。彼はFacebookの株式公開を行った直後にプロポーズし、翌日に婚姻届を出しました。万が一彼が離婚しても、Facebook株は彼のモノです。

新婚時代

家庭にある程度重心を置くと、良いでしょう。買い物にも一緒に行き、お金の使い方をみて、コメントして見るのも手でしょう。

また、初めに結婚後のマネープランを話し合っておくのも重要です。グランドデザインをひいておくことで、年齢ごとの資産状況と比較して、ムダ遣いをしていないか、貯蓄は上手くいっているか、評価できます。

その後

まず夫自身の問題点が見つかれば、それを修正して妻との関係性を改善できないか、やってみると良いでしょう。

ただ一般に、一旦ATM婚の状態になると「修復する」のは困難です。夫は直したい、妻は直したくない、とお互いの利益がかみ合いません。

またATM妻にとっては「夫が稼いで妻が使うという我が家の常識」以外は「あってはならない」ため、修正しようとすると怒りだしてしまうでしょう。

給与振込口座を変更して、家族カードを使えなくするのも手ですが、おそらくATM妻の猛烈な反撃にあうでしょう。

従って、関係性を「壊す」位の事を考える必要があります。スクラップ・アンド・ビルドです。

その方法の一つは、転職、転居でしょう。

ATM妻は、「ママ友」に代表されるコミュニティーの中で、優位を保っているはずです。ATM婚からの陥落は、妻にとって「顔に泥を塗られた」状態になります。

それを避けるためには、妻のコミュニティーを変えて、その上であらためて夫婦のマネープランについて、第三者を交えて話し合う必要があるでしょう。

こうなれば理想です。

48歳妻の「浪費爆弾で老後崩壊寸前」から一瞬で月6万円の黒字に転じた夫の秘策:PRESIDENT online

夫も無傷ではいられません。しかしこれくらいでないと変わらないし、「離婚を考える」段階よりは、良いと思います。

なお、女子のコミュニティーを知るには、こちらの本が良いでしょう。

ハピネス→Amazon.co.jp


女子の人間関係→Amazon.co.jp

離婚を考えたら

様々な状況から、離婚が頭をよぎることもあるでしょう。

こうなると、後は専門科にゆだねる必要があります。離婚に際しては、解決すべき問題点が、様々出てきます。

このうち、財産分与や婚姻費用については対策があります。詳細はこちらを御覧下さい。

ATM医問題の解決法→整形外科医のブログ

ATM妻の末路

開業医のATM妻だったヒトを知っています。若いときには買い物、旅行、教育費、子供の独立資金などで散財し、夫は妻の浪費に目をつぶっていました。当然貯蓄はほとんどありません。

開業医は息子さんが継いで、地代と役員報酬をもらって老後を過ごしています。

しかしコロナ禍で役員報酬が減り、また夫が認知症となり介護が必要となってきました。ATM妻はどうして良いかわからず、右往左往しています

結局ATM婚は
「夫のキャッシュフローを利用して妻が自分のモノにする」
という、一種のビジネスモデルとも考える事が出来ます。これは妻が先に亡くならない限り、夫の病気や引退で、必ず破綻します

それまでの間に、妻が資産を貯める事もあるでしょう。しかし一度身についた浪費癖を直すことは困難で、資産を食いつぶして減って行き、大変なストレスを感じることとなります。

なお、医師が貯められる資産額については、こちらのブログで考察しています。

医者がお金持ちになるには
医者が金持ちになるには、年収を上げるだけでは足りないこんにちは。山のクマです。 医者はお金持ちのイメージがあります。確かに、年収は1,000万円を越え、外車に乗り、リッチな暮らしをし...

まれに妻がものすごい資産を作ったケースも出てきますが、このような例はレアでしょう。なぜならATM妻は「夫の収入に頼って」いたため、思考停止になっています。この状態では、資産形成に頭を使うことは困難だからです

まとめ

以上、ATM婚の分析、対策について述べてきました。ATM婚はお互いに不幸です。しかし夫にはその問題点が見えていても、困っていない妻には見えません。

「なんで被害者の俺が動かなきゃ行けないんだ!」というATM夫の怒りは、ごもっともです。しかし、状況を変えたいのであれば、困っている方が動くしかありません

誤解のないよう述べますが、多くの医師家庭は夫婦仲が良く、幸せに暮らしています。ごく一部のカップルが、ATM婚になってしまいます

若い先生方はこうならないよう、十分用心してください。